別管理の表いらず、ワンタッチで見たい帳票が印刷できる!

入力も出力も便利な会計ソフト

高性能の業務用パソコンとインターネットが普及したことにより、会計ソフトも進歩し続けています。会計に関する知識がなく資格を持っていない人であっても、マニュアルに従って入力を行うだけで、簡単に帳簿を作成できるようになりました。 たとえば、銀行口座やクレジットカードの情報を登録すれば自動で取り込んでくれます。従業員の労働時間を入力すると、1分単位で給与を計算してくれる機能も搭載されています。 帳簿はただ作るだけではなく、確定申告や取引先への請求を行う際に印刷する必要がありますね。もちろん、会計ソフトではこれらの帳票をワンタッチで簡単に印刷することができます。表計算ソフトとは違い、別管理の表を用意していない場合でも、自動的に帳票を印刷することが可能です。

会計ソフトで帳票を印刷してみよう

実際に会計ソフトを使って印刷をする際は、どのような作業が必要でしょうか。結論を先に言ってしまえば、特別な操作は何も必要ありません。収入と支出を正しく入力しておかなければなりませんが、帳簿やデータを基にして、わかりやすい形式で印刷してくれます。 ここでは帳票の例として、取引先への請求書を印刷してみましょう。メニューから「請求書の印刷」を選択して、相手の名称や発生日のほか品目と単価などを入力すると、自動的に印刷が開始されますよ。 毎年欠かせない確定申告用の書類も、個人事業主か法人かという区分を選択した上で印刷できます。もちろんそのまま税務署に提出できる書式ですから、手間と時間を大幅に削減できますよ。ただし、帳簿を入力しておくことが大前提ですから、ぜひ会計ソフトを最大限活用してくださいね。